施工実績

春に造園工事を行ったお庭の手入れに伺いました。

gardener 今井です。

春に造ったお庭の部分も馴染んできてます。

屋根に杉皮を葺いた門まわりも色づいたモミジがかかり良い感じになってます。

京都の嵐山や嵯峨野の紅葉も見頃を迎えてます。

この日は秋の手入れで生垣を刈り込み。

いい天気で気持ち良く作業ができました。


京都市中京区壬生にて植栽工事を行いました。

gardenerの今井です。

私たちが行った植栽を見ていいなーと思って頂いたお客さまに声を掛けてもらいました。

今回は板塀、アンティークレンガ敷、植栽を行いました。

着工前の様子。

板塀設置アンティークレンガ敷

白色のペンキをぬりました。

緑が入ると明るくなり気持ちよくなりました。


京都市下京区での坪庭造りが完成しました。

gardenerの今井です。烏丸七条すぐ近くにあるホテルの坪庭改修工事が完成。

作業前はこんな感じです。

あるものを利用して新しいカタチにする。簡単なようで難しいです。

元々あった水鉢は欠けや穴があったりでしたがうまく修復できました。

今回は竿の高さを半分ほど切って低めに水鉢を据え、

手の掛からないよう筧はステンレスのパイプを使用しました。

立水栓やコンセントなど荒を隠すために古材の延べ石を使い袖垣を造りました。

最後に行灯を設置して完成でした。


秋のお庭の手入れに伺いました。

gardenerの今井です。

秋の気配が少しずつ感じられるようになってきました。

毎年この時期に、松の手入れを行っております。

左が松 右が槙

手入れをするとすっきりしました。

今は滅多に見ない大きな本鞍馬石の手水鉢。素晴らしいです。

雨の日が続きましたが無事終了しました。


京都岩倉のお庭が完成しました。

gardenerの今井です。

暑さもようやく落ち着いてきました。

長いことお邪魔していたいましたが

雑木と芝の庭が無事完成し、引き渡せました。

1階のリビングからもたくさんの緑が見えて気持ち良くなっております。

芝の面積を広く取ってますので、ゆったりとした空間になっております。

始まりはこんな感じでスタートでした。

樹木を植えると季節の移り変わりも

感じられるようになり、

これからが楽しみな庭になりました。


京都東寺近くの雑木のお庭の様子を見に伺いました。

京都 東寺の西、江房CōBōホステルさんのお庭の様子を見に伺いました。

この暑さにも春に植えた草木が堪えてくれてます。
坪庭ということもあり西日がうまく遮られてるのと水やりをタップリして頂いてるお陰です。

宿泊者でこのお庭を眺めるためにここで朝食を取られてるかたがいると聞きました。

うれしい話です。

今日でお盆前の作業が無事終了し11~16日までお盆休みに入ります。


京都市右京区で竹垣と杉皮屋根のやり換えを行いました。

gardener の今井です。

先日から進めていた

杉皮屋根と建仁寺垣のやり換えが完成しました。

最近、天然の竹を使う事が少なくなってきましたが、やはり味わいがあって良いです。

竹の節間も上手に造られた銅板の冠。

30年経つそうですが、まだまだいけそうです。

「見てると気持ち良くなりました。」とお施主さんに言ってもらい嬉しく、ホッとしました。


施工3年目の雑木の庭

木々の様子を見に京都の洛西へ伺いました。

順調な緑の広がりで程よい日陰もできており

爽やかな空間になってきました。

蹲周りも馴染んできており石樋から水が落ちると涼しく感じます。

この日は消毒と少し手入れを行い、光の入りかたの調整をしました。

苔もとてもきれいに育ってます。

これからが楽しみなお庭でした。


坪庭の手入れを行いました。

京都 gardenerの今井です。

少し前の仕事ですが、何年も手を入れらてなく足の踏み場もないくらいに荒れていました。

正直どうなるかと思ってましたが

手入れをすると、「京都の坪庭」という感じのとても良いお庭でした。

入ってる材料も良いものばがりで

京都の鞍馬石の手水鉢に鞍馬石の前石や飛び石を使った

蹲まわり良かったです。

お施主さんに「スッキリして良くなった」と喜んで頂きました。


京都 嵯峨野で造園工事を行いました。

京都 gardenerの今井です。

冬からの庭づくりも灯籠の移設と仕上げの砂利敷を行い、ひとまず完成。

5~6尺の六角灯籠でたぶん太閤石かと思います。

時代や型ハッキリしたことはわからないですが

とにかくボソボソで火袋にはヒビがあり、手で撫でるだけで表面が削れるほど。

かなり気を使う灯籠の据え付けでしたが無事終わることができました。


...34567...10...