施工実績

京都市右京区で庭の手入れを行いました。

7年程経つでしょうか、ここにくると当時これだけ広い庭を造るのは初めてで、いろいろと悩んだのを昨日のことのように思い出します。

さて、今年から樹木のメンテナンスを一年間通して守をしていく、樹木年間管理となりました。

そして今日が第1回目になります。

除草、清掃を中心に軽剪定や消毒を行いました。

こちらショウブが上がってきました。

今年も咲いてくれるといいのですが。

手入れが終わると、光が差し込むようになり風でゆらゆらと揺れる新緑をお施主さまに楽しんで貰えれば、うれしいものです。

外構工事、造園工事、竹垣工事、外まわりのことは、気軽に問い合わせ下さい!

↓にも最新情報を載せてます。
Instagram(インスタグラム)

gardener _2017


昨年、外構工事を行った京都市南区の雑木の庭。

gardener の今井です。

丸一年が経ち、植えた樹木も順調に緑を広げてました。

ちょうど新緑の良い時で、玄関まわりを爽やかにして迎えてくれます。

本日は樹木の手入れで、光や風が入るように整えました。

緑のトンネルをくぐり抜け玄関にたどり着くイメージで植えた両脇のモミジ。

まだまだ浅いトンネルですが、年月と共に深くなってくれると嬉しいです。

それではこの辺で失礼します

↓にも最新情報を載せてます。
Instagram(インスタグラム)

gardener _2017


京都市南区で焼き杉板塀を作りました。

gardener の今井です。

いろいろと大変なご時世ですが、できることを進めております。

今回の作業は焼き杉板塀の設置。

手間がかかりますが、焼き板にするこで、腐りにくく、見た目も渋くなります。

こちらは張る前の下地の状態でアルミ柱に胴縁を打ちました。

そして今回の焼き杉板は京都の高雄にある手島製材さんに焼いてもらいました。

毎度ですが

焼き杉板を止めるのに潰し釘を造り

打ち込んでます。

焼き杉板、張り終わり!

この笠木は無塗装の鉄板を使ってます。

サビ色で雰囲気が出るかと思ってます。

さらに一手間、鉄板の小口をハンマーで叩き仕上げにし、角を取りました。

わかりにくいですが。。

そして足元、腰積みの素材を古い葛石にしようかと思いましたが

なぜかパッとせず考えてたところ、たまたま現場から出てきたコンクリートブロックが面白いかも!と思い、

普通なら処分するようなものですが

長い間雨に打たれ、自然に洗いだしになってたのです。このブロックをただ使うだけではなく、横ではなく縦使いにしました。

しかも再利用することでゴミも減りました。

足元が入り安定しました。

新しい雰囲気でなんか新鮮。

それではこの辺でと思いましたが、

現場から、事務所に戻ると椿が咲いてました。

それでは失礼します。

↓にも最新情報を載せてます。
Instagram(インスタグラム)

gardener _2017


京都市南区で造園改修工事を行っております。

gardener の今井 です。

すくもの庭。

少しずつ進んでおります。

下の一枚目は壁の補修前です。

こんな小口問題にいつも悩みます。

今回は改修ということもあって、もともとの雰囲気と馴染む事を一番に考え、自分たちができるベストな補修は何かと考えました。やっぱりこれしかない!と思い、石を立て込むことに。

人力では難しいので3又を使い立て込み、無事据え付け完了。

あとはしっかりと固定していきます。

足元は鉄筋で補強し、モルタルを流し込みました。

上部は石引きアンカーを打ち、既存ブロックに引っ張り、そしてモルタルで固定しております。

そしてここからです。

瓦の復旧です。

元の状態は見てますが、いざやると難しい···

あーだこーだ言いながらも、何とかカタチになりました。

仕上げの漆喰塗りを残しひとまず完了です!

それではこのへんで失礼します。

↓にも最新情報を載せてます。
Instagram(インスタグラム)

gardener _2017

#京都壬生gardener


京都市南区で造園改修工事の着工でした。

gardener の今井です。

すくもの庭。

2~3tの大きな石が三つ、デザインを考えるうえでどうしようか、悩みましたが結局クレーン車が入れず搬出不可能に。

そんな事で5tチンを使って移動し、据え付けることに。

5人掛かりです。

いつもこじんまりと作業をしてますが、今日はにぎやかです。
こんな時は見習いから今もお世話になってる親方だと思い、助けてもらいました。

3又がミシミシときしむ音に注意し、

慎重に進めてます。

この石はアプローチの反対側に据え付けします。下のコンクリートが割れないようにしっかりて養生してます。

この石が一番、手こずりましたが

なんとか反対側に。

和の要素タップリの川石、主張が強いので伏せて控え目に据え付けました。

すっかり完了撮り忘れです。。

とにかく今日1日ケガや事故なく作業を終え、ホッとしてます!

それではこの辺で失礼します。

↓にも最新情報を載せてます。
Instagram(インスタグラム)

gardener _2017

#京都壬生gardener


京都市右京区にて、竹垣工事を行いました。

gardener の今井です。

今回は青竹で建仁寺垣を造りました。

この青さがずっと続けば良いとも思いますが色が抜け、白く落ち着いた色に変わってゆくのも、天然竹だから出せる味わいです。

今は、わすがなの青竹の期間を目に焼き付けたいと思います。

さて、作業中の状況です。

このような竹垣は最近、アルミ柱で施工をしております。なぜなら、次回のやり替えが柱を替えずに施工でき、コストを抑えることができます。

さらに、長持ちするように屋根も取り付けてます。

すっきりとした青竹良いです。

張ると雰囲気変わりましたね。

今回はもうひと手間。

塀の一部分に扉を付け出入りできるようにしました。

隠し扉のイメージで、見た目は一枚の塀。「実は開くのです」みたいのがしたくて、できるだけ目立たないようにしました。

よく見たらわかりますが、イメージどおりに完成しました。

↓にも最新情報を載せてます。
Instagram(インスタグラム)

gardener _2017

#京都壬生gardener


京都市右京区で庭工事を行いました。

gardener の今井です。

今回はこちらのお庭を造りなおします。

まずは、何も状態にするため、ウメとモミジを移植。

そして庭石も移動します。

しっかり根入れがしてあったので、思いの外大きいです。

1tチェーンブロックもチェーンの滑り具合が悪く、重たそうでした。

ぼちぼち滑らせながら据え付け位置に。

こんな時の三又はホントに助かります。

続いて移植です。

せっかくなので紅白にしました。

さて、更地になった部分に新たに樹木を投入。

そこへ山石をいくつか据え付けると、少しずつカタチになってきました。

この突き出た青竹は空気の通すためと水を鉢底まで届くように取り付けてます。

今回お客様の希望のひとつで、「メダカの水鉢を庭の中に置きたい。」ということで、色々考えたらこのようなデザインになりました。

下草も入り、もう少し。

仕上げはやはり、苔。

地も起伏をつけてるので苔を張ると一気に雰囲気が変わりました。

メダカの水鉢を庭の中に入れたこと、

とても喜んで頂きました。

全体も何とか納まりホッとしてます。

これから春の花が咲いていくのが楽しみです。

昨年にこしらえた、さくらの竹棚に今年も花がのりそうです。

それではこのへんで失礼します。

↓にも最新情報を載せてます。
Instagram(インスタグラム)

gardener _2017

#京都壬生gardener


昨年、京都で造りました庭をまとめてみました。

gardener の今井です。

毎年、京都で一番冷え込むはずのこの時期。

妙な温かさに戸惑っております。

そんなとある雨の日に

2019年に造りました庭や竹仕事などを

まとめてみました。

京都 岩倉

雑木と芝庭

室町六角

cafe Decor De Cozy

大阪 枚方市

光悦寺垣 総菱

山科の庭

京都 嵯峨の庭

京都 嵯峨野

あられこぼし

京都 洛南の庭

大阪枚方市

竹穂垣

私達は古民家から現代建築、ホテル、店舗など様々なシーンに合わせた庭づくりを行う準備ができてます。

設計段階からお話し頂ければロスが少なくいろんな提案が可能になります。
たとえ、少しのスペースでも緑を感じることができます。

そして四季の移り変わりを通して心落ち着ける時間を過ごして頂きたい。そんな思いを込めデザインに落としこんでます。

そのようなお考えの個人の方、工務店、建築士の方々ご連絡頂ければ幸いです。

gardener 代表 今井 海図

↓にも最新情報を載せてます。
Instagram(インスタグラム)

gardener _2017

#京都壬生gardener


新年明けましておめでとうございます。

昨年は多くの方にお世話になり、ありがとうございました

(昨年の造ったお庭です。)

皆様、お正月はいかがお過ごしだったでしょうか。

私は本日から仕事初めです。

あいにくの雨なので貯まった書類などを処理するデスクワーク中心に行いました。

本年も庭づくりはもちろん、たくさんの方に喜んで頂けるようにより一層、精進して参ります。

皆様、引き続きご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。

さて、今年も正月飾りを作りましたので、ご紹介したいと思います。

青竹の花入れ

蝋梅、千両

青竹

薦巻き、結び柳、裏白、青木の実

結び柳、裏白、白南天

五徳、石臼、熊笹、赤松

以上、今年の正月飾りでした。

皆様、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


滋賀県大津市で坪庭の手入れを行いました。

gardener の今井です。

滋賀県で坪庭の手入れです。

前の手入れから1年半ほど経つでしょうか。

庭が落ち葉で埋もれていました。

これだけ荒れてると遣り甲斐があります。

まずは下草や竹を整え、落ち葉を熊手で集め、そして仕上げは手菷。

丁寧に掃いていきます。

蹲もなかなかの汚れです。。。

玉石を全て取り出し、落ち葉や泥をきれいに掃除します。

一気に変わりましたね。

玉石や手水鉢もきれいに洗い、蹲まわりが元の姿になりました。

これで坪庭の手入れが完了。

うまく言葉で言い表せませんが、素晴らしい庭だと思います。

どなたが造られたのでしょうか。

気になりますが、自分にとってお手本になる坪庭であることは間違いありません。

竹格子窓から見える景色も風情があります。

庭も建築も素晴らしく、こんな場所が一つでも多く残ることを祈るばかりです。

↓にも最新情報を載せてます。
Instagram(インスタグラム)

gardener _2017

#京都壬生gardener


12345...10...