ブログ

京都市中京区の坪庭工事が完成しました。

gardener の今井です。

今回はお施主さまから

『和のcafe 』に合う坪庭をということでデザインさせて頂き、造りました。

先日、造りましたオリジナルの石台に盃(手水鉢)を置き

それに添えるようにモミジとアオキを植えました。

庭を造る前はというと

このように薄暗く、殺風景でした。

こんな殺風景な空間でも

緑が入るとグッと雰囲気が変わり、

明るくなるものです。

そして足元には下草をあしらえ

化粧には山石をちらして少し荒々しさも

出しました。

お施主さまに完成を見て頂いたら

とても喜んでもらい、安心しました。

お店の準備も順調に進んでるみたいで近日中にオープン予定とのこです。

この空間でコーヒーを飲みながら、良いひとときを過ごして頂きたいものです。

詳細のご案内はまた改めて行います。

こちらは季節の演出として手水鉢に

「糸菊」を

浮かしてみました。

↓にも最新情報を載せてます。
Instagram(インスタグラム)

gardener _2017

#京都壬生gardener


京都市中京区室町六角で坪庭造りを着工しました。

gardener の今井です。

今年は残暑が厳しいですね。

さて今回の坪庭工事のスタートは竹垣からです。

竹垣はコンクリート擁壁を隠す為の塀になります。

こんな具合で骨格が出来上がりました。

この骨格に白竹を格子状に張り付けていきます。

張り付け後は防腐塗料を塗り

化粧を兼ねて潰し釘を打ちます。

スッーとした縦のラインがきれい出ました。

さぁどんどん進めて参ります。

ここからはオリジナルの石台を作成します。

支えの石は割り肌でゴツゴツしたものを据え天端は荒くノミ切りされた葛石を載せてます。

なんせ既製品が無いため、店内からの雰囲気を大切にし現場で調整を重ね、作成してます。

見えない部分にもひと手間です。

葛石の裏側に筋を入れ支えの石にはめ込みました。

こうすることでより強固な台になります。

足元はモルタルでしっかりと固めてます。

時間はかかりましたがイメージしてたものが出来ました♪

さぁ何を置きましょうかね~?

宿題です。

今日はこのへんで終了です。

↓にも最新情報を載せてます。
Instagram(インスタグラム)

gardener _2017

#京都壬生gardener


京都市中京区で坪庭のやりかえを行いました。

gardenerの今井です。

9月28日(土)に開催される冬青能に向けて坪庭のやりかえや庭の手入れを行いました。

ここは陽当たりが悪いのですが少しでも緑があると雰囲気が変わりますね。

ちょうど色づいていたムラサキシキブがあり、苔と一緒に植えてみました。

うっかり施工前を取り忘れてたので完了のみでスミマセン。。

中庭のほうも手入れを行いました。

筧も青竹に取りかえました。

苔も良い感じにフサフサしてます。

この状態を保つにはどれ程、お施主さんが手入れをされてるのか、わかりますのでとても有り難く思います。

冬青能 海士

9月28日(土)
14時会場 15時開演
終了18時前予定
冬青庵能舞台
京都市中京区両替町通り夷川下ル
075-241-2215
一般¥7,000
学生¥3,000

’19 9/28(土) 冬青能 海士

ご興味のある方は一度、会場の方にご連絡下さいませ。

当日、拝見できるのが楽しみでなりません!


春に外構工事を行った京都市南区のお宅へメンテナンスに伺いました。

gardener の今井です。

今回は樹木のメンテナンスで枯れ枝や下草を整えました。

この春、アプローチに敷いたアンティークレンガ(上海レンガ)も良い感じに馴染んです。

このアプローチや建物に合うように庭になる部分は山採りの木々を中心に雑木の庭にしております。

このアプローチを「緑のトンネルにしましょう!」と提案させて頂き、植えてますが

さすがに今年は植え傷みや夏の暑さで若干、葉焼けなど出てます。。

それでもこの夏を乗り越えてくれてホッとしてます。

あと数年も経てば緑が深くなり、アプローチを緑で覆ってくれることでしょう。

私達が造る外構は緑を多く取り入れることで心地良い空間を届けることは

もちろんですが、建物に緑を添えるこで建物の見映えも良くし、ご近所さんやたまたま訪れた方にもきっと気持ちの良い場所になると考えております。

庭のことをお考えなら

お気軽に問い合わせ下さいませ。

スペースは問いません!

↓も外構なども載せてます。
Instagram(インスタグラム)

gardener _2017

#京都壬生gardener


京都市左京区岩倉で剪定を行いました。

gardener の今井です。

暑さもようやく落ち着いてきました。

本日は例年のお庭の手入れです。

before

一年で良く伸びますね。

aftear

after

松は葉むしりすると見違えるように格好良くなります。

こちら、台杉の手入れをしております。

スッキリと整いました。

玄関入り口前のムラサキシキブの実が色着いてき、秋の気配を少しずつ感じてます。

私達は庭木の剪定·清掃から庭木の消毒、害虫対策も行っております。

お気軽にお問い合わせ下さいませ。

それでは皆さま良い週末をお過ごし下さい。


京都市山科区で坪庭を造りました。

gardener の今井です。

少し前になりますが坪庭造りで獅子威しを取り付けました。

とは言ってもここは猪や鹿などは出て来ない街中です(笑)

お施主さんが「獅子威しのカコーン♪と響く音が聞きたい」ということで造りました。

実際に取り掛かるとなかなか寸法とおりにはいきません。

現地で青竹の高さ、音、水の溜まり具合などなど調整を重ねてここまでに至りました。

それでも何とか雰囲気は出せましたのでよろしければ獅子威しの音をお聞きください。

工事中ということもあって違う音もはいり、上手に撮れてませんが…

この獅子威しを受けてる手水鉢は

枡に枡が重なり二重の枡になっております。
そんなことから更に枡枡と益々を掛ける事で、縁起のいい手水鉢とも云われております。

お施主さんにこの坪庭を満足してもらい何よりでした。


京都市中京区でお庭のリニューアル工事が完成しました。

gardener 今井です。

まだまだ残暑が厳しいですね。

さて、今日は植栽工事の仕上げを行なってます。

玄関まわりも新しい雑木が仲間入りし柔らかい雰囲気を出してくれてます。

私達は僅かなスペースでも緑を取り入れ、庭のデザインや外構のデザイン、施工までしております。

そこにアンティークの材料や天然素材をプラスし、趣がある空間造りを目指してます。

植えたツリバナの実が少し色付いてきました。

アンティークレンガのアプローチにしっとりした苔、意外と合います。

秋の紅葉楽しみです。


庭木の剪定を行いました。

gardener の今井です。

定期的に手入れをさせて頂いてるお庭。今回は黒松の剪定で手挟みを入れながら葉むしりをしました。

雨が続きましたが

最終日は良い天気に。

こちらため息が出るほど細かな細工がみられる建築です。

今年は例年より早い手入れでしたが

3日目の今日終わりました。

日中は汗ばむほどの暑さ、それでもススキの穂を見るとしっかりと季節は進んでますね。

それでは皆さん良い週末を!


京都市中京区で、植栽工事を行いました。

gardener の今井です。

5年ほど前に外構工事を行い同時に庭造りもしました。

今回は追加で創作門柱の前に植栽をしました。

幅が40cmもない狭いスペースですが

これだけでも緑の空間を造り、楽しむことができます。

わずかなスペースですがピッタリとオトコヨウゾメが入りました。

他にも、ツリバナ、ハルイチバン、ヤマアジサイを植えました。

植え付け後、不要な枝を剪定しました。

この切った枝を何か使えないかと思い、

ちょうど良いアンティークの甕があったので生けてみました。

台を台石に置くか五徳にするか迷いましたが五徳にしてみました。

昔、この甕には焼酎を入れてたようです。

うまく利用でき良かったです。

足元の仕上げはまた後日。


12345...10...