ブログ

京都府向日市で外構改修工事を行なっております。

gardenerの今井です。

新年が明けてから着工しました向日市の現場です。

まずは北側の庭づくりを進めます。

始めはこちら、アプローチとなるアンティークレンガ敷きを。

今回はビチっと隙間なくレンガを敷き詰めることに。

真っ平らな地面に少し動きを出すため、レンガ敷きに傾斜を。水の流れを付けるためでもありますが。

レンガの目地に珪砂を入れ、今回のポイントの1つ手水鉢を据え付けました。

寺院建築等の柱の下に用いた礎石がありますが
それに水穴を掘ったもので礎盤型手水鉢と言います。

どんどん進めて参ります。

植栽の準備で土壌改良。くん炭、バーク、パーライト、広葉樹の樹皮を真砂土に混ぜ込み、排水と保水のバランスを考えながら、作業を行ないます。

いよいよ植栽!

今回は少なめ?と言っても30本弱の樹木を入荷。

この時期は少し寂しいですが、春の芽吹きをイメージしながら植えております。

続いて景石の据え付け。こちらの石は京都産さざれ石(山石)と言います。

雑木の庭に良く馴染み、gardenerが作庭する庭にも合いやすい石の1つです。

足元に景石を入れると樹木の柔らかな雰囲気の中にも締まりが出たように思います。

本日はこの辺で終了です。

次回仕上げとなります!

にも最新情報を載せてます。
Instagram(インスタグラム)gardener _2017


新年明けましておめでとうございます。

gardenerの今井です。

本日より仕事始めとなりました。

本年も宜しくお願い致します。

私達は庭づくりをメインに作庭した庭はもちろん、店舗、ホテル、マンションの庭の手入れなどを基本的な業務としてますが今回は少し違ったgardenerの仕事をご紹介したいと思います。

それではまずこちら、事務所の門松です。

今年こそ難を転じたいという思いで土台には紅白の南天を。

そしてこちらのお宅は今年から門松を設置させて頂きました。

続きましてこちらは毎年設置してますが、少しずつデザインを変えてます。

こちらは左右で紅白のナンテンを。

他にも玄関ドアに正月飾りを。こちらは結び柳をベースにウラジロとシロナンテンで作りました。

こちらも正月飾りで青竹にこもを巻き、結び柳とセンリョウで作りました。

というのが、年末の門松や正月飾りを作製する仕事でした。最後まで見て頂き、ありがとうございました。

それでは本日はこのへんで失礼します。

↓にも最新情報を載せてます。
Instagram(インスタグラム)gardener _2017


京都市右京区で例年の剪定を行いました。

京都市右京区龍安寺近くにある、お宅の手入れへ伺いました。

お昼前に、お施主さんが「今は利用してないから、中でお昼して」と開けて頂き、縁側で弁当を。
ガラス戸を開けると、目の前いっぱいに緑の苔が広がっていて時折風が縁側に入り込みとても心地よい空間でした。

そんななかでのお昼本当に有り難い。

それにしても、もったいない。

こちらは筧が朽ちてましたので青竹に。

けして誰かの目に付く訳ではないのですが、そののままにしとくことができませんでした。

やっぱり青竹にすると気持ちいいですね。

こんな庭が一つでも多く残ってほしい!という思いが年々強くなってきてます。歳を取ったのでしょう・・・(笑)

それはさておき、今、自分達に出来ることを考え、実践し庭の良さを伝えるのも務めじゃないかと思うようになりました。

日々精進ですね。

そんなことを思う今日この頃でした。

それではこのへんで失礼します。

↓にも最新情報を載せてます。
Instagram(インスタグラム)gardener _2017


京都市左京区岩倉での造園工事が完了しました。

gardenerの今井です。

11月中頃からスタートした、雑木の庭づくりが完成。

先日、最終確認に伺い、引き渡しとなりました。

終わると寂しくなりますが、来春の芽吹きが待ち遠しい庭となりました。


北側の庭 完了後

早いもので着工前、素敵な建物を見て図面を描く時、ワクワクしてたのが昨日ようです。


着工前

こちらの雑木の庭は建物の中から見るのはもちろん

行き交う人々にも四季の移り変わりを楽しんでもらえそうです。


東側の庭 完了後


白ワビスケ

早くも、白ワビスケが咲いてくれました。


着工前

こちらは建築の粋なデザインで絵を切り取ったように庭が広がります。

うん、いい感じ!

こちらのリースは植栽に伴う剪定で発生したツガの枝を中心に、セイヨウカマツカの実を少し頂戴し、作ったものでほんの気持ちですが最後にお渡ししました。


クリスマスリース

最後になりますが、この庭の木々の成長や季節の変化に触れて、心豊かな時間を過ごして頂けたら幸いです。

それではこのへんで失礼します

↓にも最新情報を載せてます。
Instagram(インスタグラム)gardener _2017


京都市東山区祇園町で坪庭工事を行いました。

gardenerの今井です。

先日、古巣の造園会社のお手伝いで京都の祇園花見小路へ。

久々に通りますが、このあたりの雰囲気は何度通っても良いですね。

そして庭師として祇園での坪庭づくりに携われること、嬉しい限りです!

さて現場はというと

まさに坪庭、というスペース。

こちらは瓦平板の据え付け作業。

まずは、位置出しから。

雰囲気を見ながら借り置きです。

仕上がってくると足の置き場に悩みます···

そして足跡を残さないよう、ソロリと砂利を均しながら手前に引いていきます。

ようやく完成!

ついつい低木や下草などに頼ってしまいますが、今回のシンプルなデザインを施工でき、楽しくも学びの多い1日となりました!

声を掛けて頂きありがとうございました!

それではこのへんで失礼します

↓にも最新情報を載せてます。
Instagram(インスタグラム)gardener _2017


京都市左京区で造園工事が始まりました。

gardenerの今井です。

少し前からスタートした岩倉での庭造り。

自分が描いた庭のデザインが、かたちになる日です。

一度きりの緊張感、いつもドキドキします。

東側は雑木林をイメージした雑木の庭になります。


東側の庭

こちらは玄関前、爽やかな緑に包まれた中を行き来してもらえるようにと思って植えております。


北側の庭

本日、有り難いことに予定通りの植栽ができました!

引き続き仕上げの作業を進めていきます。

それではこのへんで失礼します。

↓にも最新情報を載せてます。
Instagram(インスタグラム)gardener _2017


京都市右京区にて植栽工事を行いました。

gardener の今井です。

日増しに秋の深まりを感じる今日この頃ですが、植栽するにはとても良いタイミング。

先日、完成しましたのでご紹介します。

施工前はこのような状況。

花壇にはアイビーがびっしりと詰まってます。

イメージチェンジを

ということでホームページを見たお客さんからご連絡頂きました。

植栽スペースの花壇の幅なんと30cm ちょっと。

でもこれだけあれば何とでもなると思い、デザインをさせてもらいました。

ますば花壇にびっしりあったアイビーを撤去しました。

そして 雑木の庭でもよく使う樹木を中心に、中でも成長が緩やかなものを植え込みました。

また季節ごとに何かしら花が咲くように

選びましたので、お客さんをはじめ、ご近所の皆さん、たまたまこの道を通った方にも楽しんもらえるのではないでしょうか。

完成後、お客さんから嬉しい言葉を頂き、ホッとしました。

最初に咲いてくれるのは白のワビスケのようです!

それではこのへんで失礼します。

↓にも最新情報を載せてます。
Instagram(インスタグラム)

gardener _2017


京都市北区で外構工事を着工しました。

gardener の今井です。

朝晩がすっかり冷えてきました。

先日からアプローチ工事をしております。

まずは掘り方からスタート。

今回もこのユンボにお世話になりました。ホントに助かる!

さてさて、砕石を転圧、どんどん進めていきます。

そしてアンティークレンガ敷き。

このアプローチはオリジナルのデザインで大、中、小のアンティークレンガを使い、ひとつ、ひとつ手作業で据えてます。

そしてレンガにも一手間。

柔らかい雰囲気にするため、角が立ってるレンガはビシャン等で角を落とし丸くしてます。

少しずつカタチになってきました。

うん、いい感じ!

このアプローチに緑が入ると良くなりそう!植栽が楽しみです。

想像が膨らみ先走りしましたが

ここからがもう一手間。

目地入れです。

雰囲気を明るくするため白の目地セメントを使用。

かなり地味な作業ですが···とても大切です。

またまた肝心の仕上げの写真を忘れてます。。

そんなことで今日はこの辺で失礼します。

↓にも最新情報を載せてます。
Instagram(インスタグラム)

gardener _2017


京都市中京区で表札の取り付けを行いました。

gardener の今井です。

事務所兼自宅の外構デザイン、施工を行い、気付けば丸4年。

gardener という 屋号で2017年からスタートしましたが、ようやく表札を取り付けました。

制作してもらったのは主に銅製の照明や建築金物をデザインする

Atelier key-menさん。

この表札も銅で作ってもらいました。

もちろんポーチ灯もここの作品です。

ウチのメインの照明は、ほぼ作ってもらいました。

こちらの門柱はgardener の目印になるよう石積みを行い、どこにもないものを作ってみよう!ということで、作りましたオリジナルの門柱です。

こちらの門灯もオーダーメイドで斜めに首をふってもらいました。

そしてgardener の外構には欠かせない植栽。ひとつ、ひとつの素材の組み合わせで大きく変わる外構。

私達はそこを上手くまとめ、緑に包まれた心地良い空間を届けられるよう、日々取り組んでおります。

少し話それましたが。。

こんな感じやっております!

とにかくこれで表札問題が解決!!

毎日お気に入りのものを見れるのが何より嬉しいです!

それではこの辺で失礼します。

↓にも最新情報を載せてます。
Instagram(インスタグラム)

gardener _2017


12345...10...