京都市左京区で造園工事を行ない一年が経ちました。

gardenerの今井です。

今日はこちら岩倉の方では雪がちらつき、よく冷え込んだ一日でした。

今回は造園工事を行なってから一年が経ちましたので樹木の手入れや肥料入れ、土壌の通気、通水改善を行ないました。  

来春の芽吹きを助け、緑を濃くすることを目的として、ちょうどこの時期に行う肥料入れを寒肥えと言います。

肥料入れと同時に樹木の不要な枝を取り除き樹形を整えました。

樹木の葉の色や土の状況などを見て必要な場所には縦穴を掘り、そこに枝、くん炭、腐葉土、炭、砂利などを順番に重ね、水や空気を通りやすくしました。

こちら玄関前の苔はきれいに付いているようで良い感じです。

樹木の手入れをしてると感じるのですが、芽が膨らんできてるものもあり、しっかりと来春の準備をしてました。

とくこのお庭は春先が賑やかになるので楽しみです。

それではこのへんで失礼します。

↓にも最新情報を載せてます。
Instagram(インスタグラム)gardener _2017

造園工事・外構工事は京都市のgardenerへ

【代表直通】 090-9997-3852
【事務所】 075-200-1812
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】 京都を中心に関西全域でお伺い
【住所】 〒604-8832 京都府京都市中京区壬生下溝町55-25

一覧ページに戻る