京都市右京区でテラスの敷き石工事を行ないました。

gardenerの今井です。

9月に入りましたが、まだまだ残暑が厳しそうですね。早く過ごしやすくなれば良いてですが。。

さて先週から進めました、テラスの敷き石工事がようやく完了しました。こんなご時世ということもあり、庭の一部をテラスにするなど、外で家族とくつろげるスペースを造るというお話が以前より増えたように思います。

それでは、作業の様子をお伝えします

まずは、鋤取り。

人力なのでボチボチです。

床掘完成!

そして、砕石敷均し転圧。

ようやくここから敷き石にかかります。

厚みがあって重厚感があります。

このロマリアストーンは、はるばるイタリアからやってきてくれまして、日本でいうと大谷石のような風合いです。この柔らかい石質が雑木の庭など、レトロな雰囲気によく馴染みそうです。

敷き終えた石の目地には通した砂を埋めて完成です!

これから秋にかけて天気の良い休日に庭を眺め、コーヒーを飲みながら一息。そんな時間を過ごして頂けるとうれしいものです。

皆さま、こんな敷き石のテラスはいかがでしょうか!?雑木の庭や古民家の庭などにもピッタリです!

それではこのへんで失礼します。

↓にも最新情報を載せてます。
Instagram(インスタグラム)gardener _2017

造園工事・外構工事は京都市のgardenerへ

【代表直通】 090-9997-3852
【事務所】 075-200-1812
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】 京都を中心に関西全域でお伺い
【住所】 〒604-8832 京都府京都市中京区壬生下溝町55-25

一覧ページに戻る